穀物不使用ドッグフードとは?

ドッグフードには肉類や、魚類、そして穀類を主原料としたものがあります。穀類などの炭水化物は、本来なら肉食動物の犬にとって消化がしにくい成分です。犬は植物や穀類をベースにした食事は、犬にとって消化の際に影響があり十分な栄養を摂取できません。

愛犬の健康に関して症例を挙げると、糞を食べてしまう事や太りすぎる事、糖尿病や低血糖症などの病気が挙げられています。長い間ペットとして親しまれている犬にとって、生物学的に少ない量の炭水化物しか必要としていないのです。犬の体内では炭水化物は糖分として認識され、脂肪として体内に蓄積されていきます。穀類は一般的な市販のドッグフードの主要成分の一つです。このため、穀物や炭水化物が飼い犬の体調不良に影響があるという意見が専門家の間でも増えています。愛犬の食事にとって、穀物と炭水化物の摂取による影響は大きいものとなります。

多くの人は、犬の食事として1種類のドッグフードのみを犬に与え続けています。したがってそれらの犬はわずかな種類の炭水化物を食べることになります。犬は動物性タンパク質を摂取するのに適した体になっているため、タンパク質の品質が高いほど消化率が高くなります。犬の健康維持にも人間と同じように必要なアミノ酸があります。アミノ酸は特に動物性タンパク質に多く含まれています。穀物の使用がなく、良質な動物性タンパク質を多く含むドッグフードこそが肉食性の犬の本来の食事と言えるでしょう。