ドッグフードに使われる材料

ドッグフードに使われる材料は主なものとして、肉類、魚類、野菜類、穀物などです。これらを業者独自のブレンドで生産しています。また、材料だけでなくどういった犬種かにもよって適切な餌となるドッグフードが存在します。小型犬や大型犬でも違ってきます。

最近では人間の食事と同じくらいドッグフードにこだわる人も出てきました。材料を確認し、無添加だったり、純国産だったりペットの餌ですが、家族の食事と考えている方が多くなっています。業者での開発の段階にでは試作品をいくつも作り試食は犬ではなく、何と人間が試食しているところもあります。医食同源と言う言葉があるように人間だけでなく犬にとっても毎日の食事は一生を左右する大切なものです。

実際のところ多くの飼い主さんは、原材料の表示や品質を本当に理解せずに購入されている方、またはそうされていた方がほとんどでしょう。ドッグフード産業は、海外の大きな食品会社が人間が食べられない余ったものを、犬や猫用に大量の味付けや保存料などの添加物を使って商品化していきました。今では改善されつつありますが、犬の身体に大きな影響のある成分が、当たり前のように配合されているドッグフードが存在しています。現在でも、安いドッグフードはもとより高価なドッグフードでも人間が食べられない原材料や、仕入れの段階でも炎天下で車の中のように高温になるコンテナ輸入のために、多くの添加物が使われていることもあります。もっとひどい場合は、表示されていない添加物を使っている場合もあるでしょう。有名なドッグフードでも与える前にしっかりと確認しましょう。